東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

松坂、復活へ好投 最速143キロ、1回2K

2番手で登板して1イニングを三者凡退に抑えた松坂=北谷で

写真

 復活ののろしを上げた。中日の松坂が26日、沖縄県北谷町で行われた韓国プロ野球ハンファとの練習試合で実戦に初めて登板。最速143キロで2三振を奪い、1回を三者凡退に抑えて「この時期にしっかりゲームで投げられて良かった」と満面の笑みだった。

 昨年3月のオープン戦以来、約11カ月ぶりの対外試合は11球を投げ、要所で変化球が光った。

 「コースも完璧だった」と本人も納得のスライダーで、面白いように空振りを誘った。チェンジアップとシュートは「もう少しストライクゾーンに投げたかった」と課題に挙げたが「投げていく中で仕上げていきたい」と活力にあふれていた。

 試合前の過ごし方は今までを思い出しながら、時間を計って調整したという。キャンプでは好調でもあえて投げ込みすぎないように気を付けてきた。森監督も「ここまで本当に順調にきている」と納得顔だ。

 次の登板は3月4日のオープン戦、ナゴヤドームの楽天戦になる見込みで、松坂は「言われたところでしっかり準備ができるようにやっていくだけ」と既に次を見据えている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報