東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

羽生「負けん気」貫いた 報告会、会見に大忙し

「自分自身を貫く」と書かれた揮毫(きごう)について語る羽生結弦=東京・内幸町の日本記者クラブで

写真

 フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)は27日、東京都内の日本記者クラブで会見し、五輪2連覇を果たし「ひと言で言うと幸せ」と笑みを浮かべた。精神面やモットーなど、多岐にわたり言及した。

 大舞台でも動じず、右足首のけがを乗り越えた精神力。アスリートの中でも希有(けう)な存在といえるだろう。「最初から重圧は好きだったし、これまでも緊張した舞台、追い込まれた舞台で力を出すことが多かった」と振り返った。

 その強靱(きょうじん)な精神面を支えたのが「負けん気」だ。「楽しむ」と口にする選手も多いが、「性格上、それは向いていない」と首を振る。「楽しいとか、リスペクトしながらとか、ニコニコ演技をすることはない。変かもしれないけど、絶対に勝ってやる、と思った方が力を発揮できる」。勝負師の顔になり、言葉に力を込めた。

 昨夏、五輪シーズンを迎えるにあたり、「自分自身を貫く」と言い聞かせたという。「人生で、できる時と、できない時がある。できる時には精いっぱいやる。できない時にはそれなりのできることをやる。自分自身を貫けば後悔は絶対にしない。皆さんもそういう生き方をしてほしい」。自らを貫き、夢をかなえた王者がファンにメッセージを送った。

 この日は日本選手団の解団式に出席した後、ファンを前にした帰国報告会、文部科学相訪問と大わらわ。日本外国特派員協会の会見、所属先の全日空本社への訪問も続いたが、疲れた様子を見せることなく笑顔が絶えなかった。 (森合正範)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】