東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

小平「早く滑りたい」 高木美「レース楽しむ」 国際大会へ

 小平奈緒(相沢病院)や高木美帆(日体大助手)が28日、平昌冬季五輪後の初戦となる国際大会出場のため海外へ旅立った。ともに26日に韓国から帰国したばかりだが疲れた様子は見せず、早朝の羽田空港で取材に応じた小平は「思ったほど五輪で気持ちが切れていない。早く滑りたい」と意欲に満ちあふれていた。

 小平は500メートル、1000メートルの総合成績で争う世界スプリント選手権(3月3、4日・長春=中国)に出場する。昨季は初の総合優勝を果たし、今回は2連覇に挑む。「来季につながる発見があればいいなと思っている」と笑顔で語った。

 高木美は500メートルから5000メートルまでの総合成績を競う世界選手権(3月9〜11日・アムステルダム)などに出場する。昨年の同大会で銅メダルだった高木美は、成田空港で報道陣に「張り詰めてスケートをやってきたので、レースを楽しむことも次に向かうには必要かな」とにこやかに語った。

世界選手権へ向かう高木美帆=成田空港で

写真

世界スプリント選手権への出発前に取材に応じる小平奈緒=羽田空港で

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報