東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

貴ノ岩「一生懸命やる」 暴行被害後、初めて語る

貴乃花親方(右)とともに取材に応じる貴ノ岩=1日午前、京都府宇治市で

写真

 大相撲の元横綱日馬富士による暴力行為で被害を受けた十両貴ノ岩(28)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、貴乃花部屋=が1日、京都府宇治市の貴乃花部屋宿舎で師匠の貴乃花親方(元横綱)とともに取材に応じ「一生懸命やることだけを考えている」と意欲を語った。春場所(11日初日・エディオンアリーナ大阪)出場の明言は避けた。一連の問題発覚後、口を開くのは初めて。

 貴ノ岩は2月26日から稽古を再開。この日もすり足、てっぽうなど基礎運動に終始した。現状について「まだまだしっくりはきていない。少しずつだけど、自分なりに体を動かしている」と説明した。

 体重は149キロと明かし、負傷前とほぼ変わらないが、稽古場で相撲を取れる状態にまでは戻っていない様子。取材に付き添った貴乃花親方は「元気に稽古をしています」と述べ、報道陣からの暴行問題への質問はさえぎった。春場所に出場するか否かの最終判断は、取組編成会議が開かれる9日朝となる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報