東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

「伊調選手の練習妨げず」 告発受けレスリング協会が見解

 女子レスリングで五輪四連覇を達成し、国民栄誉賞を受賞した伊調馨選手がパワーハラスメントを受けていたとされる告発状が内閣府に提出されたことを受け、日本レスリング協会は一日、「伊調選手の練習環境を不当に妨げ、制限した事実はない」などとする文書を発表した。伊調選手は所属するALSOKを通じて「告発状については一切かかわっておりません」とコメントした。

 告発状によると、伊調選手が母校・至学館大(愛知県)レスリング部監督の栄和人・同協会強化本部長から、繰り返しパワーハラスメントを受けたとしている。練習拠点への出入りを禁止し、男子選手の合宿への参加を認めなかったほか、伊調選手を教えていた男性コーチに指導をやめるように命じたという。

 協会は、この男性を当時、男子フリースタイル日本代表の育成・強化担当だった田南部力(たなべちから)コーチと明かした。その上で男子チームへの指導がおろそかにならないように注意喚起した事実などはあるものの、「伊調選手に対する指導を禁止したことや、コーチやその周囲に不当な圧力をかけたことは一切ない」と主張した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】