東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

イチロー、マリナーズ復帰へ 合意間近 44歳、現役最年長野手

イチロー外野手=Corbis提供、ゲッティ・共同

写真

 【ピオリア(米アリゾナ州)=共同】米大リーグ、マーリンズからフリーエージェント(FA)になったイチロー外野手(44)=本名鈴木一朗=が二〇一二年途中まで所属していたマリナーズとメジャー契約で合意間近であることが五日、米球界関係者の話で分かった。 

 今季がメジャー十八年目で、現役最年長野手となる。マリナーズは投打の「二刀流」で注目の大谷翔平選手が加入したエンゼルスと同じア・リーグ西地区に所属している。

 イチロー選手は〇一年にプロ野球オリックスからポスティングシステムでマリナーズに移籍した。一年目に最優秀選手と新人王に輝くと、十年連続シーズン200安打以上を達成した思い出深い球団。一二年七月にトレードでヤンキース入りし、一五年からマーリンズでプレー。一六年には日米通算でメジャー記録の4256安打を上回った。昨季は主に代打で136試合に出場して打率2割5分5厘をマークし、大リーグ通算安打を歴代二十二位の3080本とした。

 昨季終了後、マーリンズが今季契約の選択権を行使しなかったためFAとなった。かつてないほどFA市場が停滞した影響を受け、今季の所属先が固まっていなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報