東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

レスリングパワハラ問題で協会 第三者が聞き取りへ

 レスリング女子で五輪4連覇の伊調馨(ALSOK)が日本協会の栄和人強化本部長からパワーハラスメントを受けたとする告発状が内閣府に出された問題で、日本協会は6日、東京都内で対応を協議する倫理委員会を開き、第三者の弁護士に伊調、栄氏ら関係者の聞き取り調査を委託することを決めた。内閣府も告発状を提出した関係者から話を聞く意向を示した。

 倫理委は非公開で約1時間行われ、5人のメンバー全員が出席。弁護士の金森仁委員は「中立な数人の弁護士にヒアリングを実施してもらい、倫理委に報告してもらう」と話した。

 聞き取り対象者については「具体的な名前を挙げることはできないが、皆さんが想定されている方」と述べた。調査は2〜3週間をめどに終える予定だという。

 日本協会によると、倫理委を開くのは2013年に公益財団法人に移行後初めて。

 告発状では、栄氏が伊調に練習場の施設への出入りを禁じ、伊調のコーチを務める強化委員の男性に指導をやめるよう不当な圧力をかけたとしている。

 栄氏と日本協会は告発内容を否定。伊調は「告発状に関わっておりません。しかるべき機関から正式に問い合わせがあった場合は説明することも検討したい」としている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報