東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

羽生 世界選手権を欠場 右足首の痛み 回復専念

羽生結弦

写真

 日本スケート連盟は7日、平昌冬季五輪男子で66年ぶりの2連覇を果たした羽生結弦(23)=ANA=が2連覇のかかる世界選手権(21〜24日・ミラノ)を欠場すると発表した。昨年11月に故障した右足首に痛みを抱えて五輪に臨んだため、今後は休養して回復に専念するという。現役続行の意思は示している。友野一希(19)=同志社大=が代わりに出場する。

 羽生は右足関節外側靱帯(じんたい)損傷、腓骨(ひこつ)筋腱(けん)損傷と診断され、約2週間の安静と3カ月のリハビリ加療が必要となる見込み。「世界選手権に出場できなくなりましたが、早く復帰できるよう、治療とリハビリをしっかりとし、少しずつできることを続けていきます」とのコメントを出した。

 羽生は約4カ月ぶりの実戦となった五輪で痛み止めを服用して演技し、金メダルを獲得。2月27日の帰国報告会では「いろんなところを痛めていたので、ちょっと休みたい」と話していた。

 政府はけがを乗り越えて成し遂げた偉業が国民に感動や勇気を与えたと評価し、羽生に国民栄誉賞を授与する方針を固めており、冬季五輪金メダリストで初となる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報