東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

稀勢の里、6場所連続休場

稀勢の里

写真

 大相撲の東横綱稀勢の里(31)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が春場所(十一日初日・エディオンアリーナ大阪)を休場することが八日、決まった。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が「左胸がなかなか完治できていない」と説明した。二所ノ関一門の連合稽古を欠席するなど、調整の遅れが懸念されていた。

 横綱の六場所連続休場は二〇〇三年秋場所まで休んだ武蔵丸以来。年六場所制となった一九五八年以降、最長は貴乃花の七場所連続。稀勢の里は次に出場する場所で進退を懸けることを明言している。

 元横綱日馬富士による傷害事件の被害者で、西十両十二枚目の貴ノ岩(28)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、貴乃花部屋=の春場所の出場可否について、師匠の貴乃花親方(元横綱)は八日、「何もお答えできない」と話し、明言しなかった。師匠は取組編成会議前日の八日に判断するとしていた。

 初場所で初優勝した西関脇栃ノ心(30)=本名レバニ・ゴルガゼ、ジョージア出身、春日野部屋=は出場を明言。六日に左脚を痛めていた。

 左足親指に不安を抱えている西横綱白鵬(32)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=の師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)と、右手薬指などを痛めている東横綱鶴竜(32)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=の師匠の井筒親方(元関脇逆鉾)はともに出場の可否について九日朝に結論を出すとした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報