東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

鶴竜、春場所出場へ 白鵬はきょう判断

 大相撲の東横綱鶴竜(32)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=が春場所(11日初日・エディオンアリーナ大阪)の出場を決断したことが8日、日本相撲協会関係者の話で分かった。右手の指を痛めており、出場が危ぶまれていた。

 両足親指に負傷を抱える西横綱白鵬(32)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=は取組編成会議の行われる9日朝に出場可否の判断を下すことが決まった。8日には東横綱稀勢の里(31)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=の休場が決定。鶴竜の出場決断により、3横綱時代の3人全員が初日から休場する昭和以降初の事態は回避された。

 白鵬は大阪市内で行われた宮城野部屋の激励会後に「1日考え、親方(師匠の宮城野親方=元幕内竹葉山)に報告する。明日(9日)親方が(報道陣に)報告します」と話した。大阪市東成区の時津風部屋に出稽古した鶴竜は、右手の指について「8割ぐらいにはなっている。もうちょっとぐっと握れる感じがほしい」と話していた。

 6場所連続休場となる稀勢の里の師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は古傷の左胸のけがを休場の理由に挙げた。次に出場する場所に進退を懸けることを明言している稀勢の里は、大阪市港区の田子ノ浦部屋での稽古に姿を現さなかった。

 元横綱日馬富士による傷害事件の被害者、西十両12枚目の貴ノ岩(28)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、貴乃花部屋=の出場可否について、師匠の貴乃花親方(元横綱)は明言しなかった。貴ノ岩は京都府宇治市の貴乃花部屋で申し合いなどの稽古を行った。

◆稀勢は出場こだわり悪循環

写真

 昨年の春場所で左胸や左上腕を痛めてから尾を引く稀勢の里の休場が、連続6場所にまで伸びた。本来の状態からは丸1年も遠ざかる間、全休したのは昨年の秋場所だけ。万全でないながらも出場し、思うような相撲が取れずに休場を繰り返す。土俵に上がることへのこだわりが悪循環を生んで回復を妨げている面もあった。

 今回は場所前に休場を決断。これまでとは違う稀勢の里の思いがにじむ。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は「相撲人生はまだある。長く取れるように、ちゃんと治療して体を鍛えて、心もつくりあげるのが先決」と理由を代弁した。

 入門から横綱昇進までの15年間で休場は1日だけ。力士として場所で土俵に立つという意識を強く持つが、田子ノ浦親方によると稀勢の里は「完治してからちゃんとした形で土俵に上がりたい」と口にしたという。満足できる状態を取り戻すために、いまは時間が必要と判断した。

 休場を重ねても、絶大な人気は揺らいでいない。土俵を離れ、時間をかけて、復活できるのか。まず辛抱、さらに心身の鍛錬。場所から姿を消す間も、ファンは険しい道のりを乗り越える姿を待ち望んでいる。 (海老名徳馬)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報