東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

御嶽海、押し切り3勝目

◇大相撲春場所<4日目>

 一人横綱の鶴竜は平幕荒鷲を一方的に押し出し、三役以上でただ一人の4連勝とした。両大関は高安が玉鷲をはたき込んで星を五分に戻したが、豪栄道は遠藤に突き落とされ、2敗目を喫した。

 両関脇は御嶽海が小結逸ノ城を押し出して3勝目を挙げた。逸ノ城は初黒星。先場所優勝の栃ノ心は貴景勝にはたき込まれ、2勝2敗となった。

 全勝は鶴竜に加え、松鳳山ら平幕4人の計5人となった。

   ◇

 関取最重量の215キロを、真っすぐに押し切った。土俵上も、見つめた館内も力が入った一番。制した御嶽海は「自分の体勢ですから。負けていられないですから」といつになく満足げに振り返った。重くても、好調の相手でも、得意の形なら押し切れる。力と技がかみあった白星だった。

 低く、強く当たって頭をつけた。逸ノ城の圧力を受け止め、まわしに触らせない。「形が良かったから。思い通りでした」。膝を曲げて右はずで押し上げ、逸ノ城の体を起こす。どんな巨体も、伸び上がれば重みが削られる。もろはずで逸ノ城を土俵の外に運ぶまで、徹底して下から攻めた。

 立ち合いの直後、頭をつけた体勢で動きが止まった。制止した状態から攻め抜いた御嶽海の力強さを、八角理事長(元横綱北勝海)は「止まったら重いだろうと思ったけど、持っていった。馬力がある」とたたえた。

 逸ノ城は初場所で7連勝後の8日目に黒星を喫した相手で、そこから5連敗と崩れた。朝稽古の後には「重い。動かないから」と警戒していた因縁の一番での勝利には、借りを返したというだけではない重みがある。

 今場所で5場所連続の関脇と安定していながら、三役ではまだ2桁勝利がない。星を伸ばすためには連敗が大敵。遠藤の引き技に屈した3日目の悪い流れを引きずらなかった。相手を分析して立てた作戦をそのまま土俵で形にした完勝。「序盤なので、しっかり星を重ねたい」と落ち着いた口ぶりは、一気に崩れた初場所とはひと味違う。 (海老名徳馬)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報