東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

W杯へ最後の見極め 欧州遠征代表26人選出

ベルギー遠征のメンバーを発表するサッカー日本代表のハリルホジッチ監督=東京都文京区の日本サッカー協会で

写真

 日本サッカー協会は15日、ベルギーで国際親善試合に臨む日本代表26人を発表し、本田(パチューカ)が昨年9月以来、宇佐美(デュッセルドルフ)は同6月以来の復帰を果たし、中島(ポルティモネンセ)が初選出された。ワールドカップ(W杯)ロシア大会のメンバー発表前では、最後の海外遠征となる。

 日本はリエージュで23日にマリ、27日にウクライナと対戦する。W杯1次リーグで戦うセネガル、ポーランドを想定した2試合で、本大会の代表入りを巡る重要な場となる。ハリルホジッチ監督は「強い気持ちで本大会のように戦いたい。良い結果を出さないといけない。勝ちたい」と述べた。左足首痛の香川(ドルトムント)と左膝痛の吉田(サウサンプトン)は外れ、岡崎(レスター)や所属先で出番を失っている浅野(シュツットガルト)井手口(クルトゥラル・レオネサ)も選出を見送られた。

     ◇

 3カ月後に迫ったW杯に向けてチームを熟成させるはずが、けが人や出場機会を失う主力の続出で、ハリルホジッチ監督の強化プランが変更を余儀なくされた感は否めない。「非常に戦術的なW杯になる」と話す監督が選んだ今回の日本代表は、現状の手駒の中で、思い描くサッカーを実現できるのは誰かを見極める最終選考の意味合いを持つ。

 監督が生命線とみるのは、選手のコンディションだ。所属クラブで出場がない浅野、井手口が招集されなかったのは、実績よりも状態を重視したからこそ。ベルギー遠征はW杯1次リーグ対戦相手の攻略を探る狙いに加え、復帰の宇佐美ら状態の良い選手がどこまで試合に貢献できるかが焦点になる。

 昨年11月の欧州遠征では、世界の強豪相手にいかに得点を奪うかが課題になった。15日の会見で監督は、W杯で対戦するポーランドのエースFWレバンドフスキらの名前を挙げ、「彼らのような違いを生み出せる選手が必要だ」と指摘。経験豊富で精神面もタフな本田、ドリブル突破に勢いのある中島ら復帰組や新戦力にその期待をかける。 (浅井俊典)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報