東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

大坂、世界1位撃破 テニス・BNPパリバ

女子シングルス準決勝でリターンする大坂なおみ=インディアンウェルズで(共同)

写真

 【インディアンウェルズ(米カリフォルニア州)=共同】BNPパリバ・オープンは16日、当地で行われ、女子シングルス準決勝で世界ランキング44位の大坂なおみ(日清食品)が世界1位の第1シード、シモナ・ハレプ(ルーマニア)を6−3、6−0で破り、18日(日本時間19日)の決勝に進んだ。

 ツアー大会の決勝進出は準優勝した2016年の東レ・パンパシフィック・オープン(東京)以来2度目。初優勝を目指し、決勝で世界19位のダリア・カサキナ(ロシア)と対戦する。

 大坂はハレプとは4度目の対戦で初勝利。日本女子が世界1位から勝利を挙げたのは、1996年の国別対抗戦フェド杯で伊達公子がドイツのシュテフィ・グラフに勝った例がある。

 この大会は四大大会に次ぐ規模で、強豪選手が出場している。

◆打ち急がずミスを誘う

 3度の敗戦から得た教訓を生かし、大坂がほぼ完璧に試合を支配した。世界ランキング1位のハレプにわずか1時間4分で完勝し、ツアー初優勝まであと1勝。「安定して戦うことを心掛けた。決勝に進めてうれしいし、チームも喜んでいる」と満面の笑みを見せた。

 1月の全豪オープン4回戦で対戦した時は自分のテニスを見失い、自滅した。雪辱の機会をつかんだ今回は打ち急がなかった。相手のスピンの効いた深い打球を我慢してつないで逆にミスを誘い出し、好機で攻める戦略を貫いた。

 狙い通りに第1セットでは4−3の第8ゲームをブレーク。2度目のジュースからコートの中に入って決めたバックのボレーは練習で繰り返したパターンで、大坂の勢いを象徴する得点だった。第2セットは焦るハレプのミスがさらに増え、一気に6ゲームを連取。「集中力が落ちるから相手のことは見なかった」と最後まで自分のプレーに徹し、4度目の挑戦で大きな壁を打ち破った。

 決勝では準決勝で元世界1位のV・ウィリアムズ(米国)を破った同じ20歳のカサキナと顔を合わせる。大坂は「自分にプレッシャーをかけすぎないようにしたい。新しい世代の2人でいい戦いをしたい」と誓った。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報