東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

W杯ロシア大会にビデオ判定 FIFA会長「歴史的決断」

 【ボゴタ=共同】国際サッカー連盟(FIFA)は16日、当地で開いた理事会で、ワールドカップ(W杯)で「ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)」と称する映像確認の審判員を初めて採用することを決めた。今年のロシア大会(6月14日〜7月15日)の全64試合で、試合結果に大きく影響する誤審を防ぐためピッチ上の主審を補佐する。

 VARが携わるのは「得点」「PK」「一発退場」「(警告、退場などの)人定」に限られ、映像で確認した内容を主審に伝える。直接判定を下すことはなく、最終的な判定は主審のみに決める権限がある。FIFAのインファンティノ会長は「歴史的な決断だ。より公平で透明なスポーツになる」と意義を訴えた。

 FIFAは2014年の前回W杯で初めてゴール判定の技術導入に踏み切り、さらに映像の応用を拡大したVARの試験運用を昨年のコンフェデレーションズカップなどで実施。

 同会長は「VARが(ピッチ上の)審判団を確実に助けられるとの確証と具体例を得られた」と成果を強調した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報