東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

女子追い抜き4戦全勝 スピードスケートW杯最終戦

 【ミンスク=共同】ワールドカップ(W杯)最終戦は17日、当地で開幕し、女子団体追い抜きで高木美帆(日体大助手)菊池彩花(富士急)佐藤綾乃(高崎健康福祉大)の日本が3分0秒18で優勝した。今季実施されたW杯4レース全勝。オランダが2位だった。高木美は1000メートルでは1分16秒82の4位。

 男子500メートルの山中大地(電算)は35秒35で9位。同団体追い抜きの日本は中村奨太(ロジネットジャパン)土屋良輔(メモリード)ウイリアムソン師円(日本電産サンキョー)が組み、出場3チーム中3位だった。女子の小平奈緒(相沢病院)や高木菜那(日本電産サンキョー)は欠場。

◆オランダに5秒差 培った抜群の連係

 未経験の布陣でも圧勝だった。女子団体追い抜きの日本は五輪の金メダルメンバーで挑んだが、今回の3人による実戦は初。高木菜が不参加のため、佐藤と菊池がともに滑る新たな組み合わせでも強敵オランダに5秒強の大差をつけ、無敗でシーズンを終えた。高木美は「最後まで滑り切って、1番を取れてよかった」と喜んだ。

 3人で本格的に足を合わせて練習したのは、今大会前に2度だけだった。身長170センチの菊池と157センチの佐藤は体格の差だけでなく、カーブの入り口での加速具合が異なるといい、菊池は「先頭交代のときのスピード感が違う」と語る。ぶっつけ本番に近い状態でも、培ってきた連係は抜群。高木美が序盤と終盤に計3周を引っ張り、中盤に菊池と佐藤がそれぞれスピードを維持する盤石のパターンで大きなミスなく滑りきった。

 昨年11、12月の3レースを全て世界新記録で制し、五輪もオランダに圧勝して頂点に立った地力をあらためて示した。完璧なシーズンをきっちり締めくくり、3人は晴れやかな表情を浮かべた。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報