東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

高木美、日本人初のW杯総合V 最終戦1500制す

女子1500メートルで優勝した高木美帆=ミンスクで(共同)

写真

 【ミンスク=共同】ワールドカップ(W杯)最終戦最終日は18日、当地で行われ、女子1500メートルで高木美帆(日体大助手)が1分56秒36で1位となり、この距離の今季種目別総合優勝と、日本勢で初となる全種目での獲得得点による総合優勝を決めた。1500メートルは今季5勝目で、個人種目は通算8勝目。菊池彩花(富士急)は9位だった。

 マススタートは女子の佐藤綾乃(高崎健康福祉大)が優勝した。昨年11月の今季W杯第1戦に続く通算2勝目。男子は中村奨太(ロジネットジャパン)が2位に入った。

 男子1500メートルの小田卓朗(開発計画研究所)は1分47秒28で5位。同500メートルの山中大地(電算)は35秒07で7位だった。女子500メートルは連日の2位となったバネッサ・ヘルツォーク(オーストリア)が種目別総合優勝し、欠場した小平奈緒(相沢病院)は同4位となった。

◆主戦場 絶対の自信 種目別でも栄冠「滑り確立できた」

 心身ともに疲れを隠せない中で迎えたシーズン最後の日。ウオーミングアップを終えた高木美は「これならいける。不安はない」と好感触を取り戻した。伸びやかに、最後まで脚を止めることなく女子1500メートルを滑り切った。主戦場とする種目で、W杯は出場5レース無敗。「この種目の滑りを確立させていくことができたのはうれしい」としみじみと語った。

 世界一、選手層の厚いオランダの実力者、レーンストラと最終組で同走。相手の調子も読めず「伸びていく感じを大切に」と自身の動きに集中した。ストレートは得意とする羽ばたくような滑りを見せ、最初の300メートルで0秒20のリード。その後も「絶妙な力の配分で滑りたいと思っていた」と培ってきた巧みなペース配分で差を詰めさせない。終わってみれば0秒87の大差。荒れた呼吸を整えながら、両手を上げて歓声に応えた。

 五輪後も移動や世界選手権などで心身の消耗を回復する時間は短く、17日の1000メートルは表彰台を逃すなど、本来の状態ではなかった。それでもこの本命種目は「滑り方が体に染みついている」とまで言える自信を持つ。成長と奮闘の結果として、全種目を通じた今シーズンの女王にも輝いた日本のエース。タイトルをまた加え、「後味すっきり終われた」と激戦続きのシーズンを笑顔で締めくくった。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報