東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

貴乃花親方「深く反省」 きょう理事会で処分検討

記者会見で険しい表情の貴乃花親方=エディオンアリーナ大阪で

写真

 日本相撲協会は28日、エディオンアリーナ大阪で全親方対象の臨時年寄総会を開き、元横綱日馬富士の暴行問題以降、協会に反発する言動を取ってきた貴乃花親方(元横綱)が一連の経緯などを説明し、謝罪した。総会後に記者会見し、「ご心配とご迷惑をおかけしたことを、おわびします。深く反省し、担う職責に精進します」と述べた。

 非公開だった年寄総会で貴乃花親方は、これまでの言動についての質問に答えたという。同親方の説明を受け、各一門で対応を協議。処分については29日に東京・両国国技館で開かれる理事会に一任するとした。

 貴乃花親方は会見で、元横綱の暴行が発覚した際に、協会に非協力的な姿勢を取ったことに「真実を追求しようという気持ちが強く、かたくなな姿勢を取ってしまい、迷惑を掛けた」と語った。また、暴行問題を巡る協会の対応に問題があるなどとして内閣府の公益認定等委員会に提出した告発状も28日、取り下げた。

 協会の危機管理委員会は同日、貴乃花親方や春場所中に付け人に暴力をふるった弟子の貴公俊(たかよしとし)に事情を聴いた。協会は29日の理事会で、貴乃花親方らの処分を検討する。厳罰が予想されるが、貴乃花親方は「理事会の処分を厳粛に受け止める」とした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報