東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

イチロー、あす開幕戦先発 「こんなギフト 思いも寄らなかった」

本拠地セーフコ・フィールドで、打撃練習に向かうマリナーズのイチロー=シアトルで(共同)

写真

 【オークランド=共同】米大リーグは29日(日本時間30日)に開幕する。レギュラーシーズン開幕を翌日に控えた28日、投打の「二刀流」に挑む大谷が所属するエンゼルスは全体練習を行わず、敵地・オークランドに移動した。

 マリナーズに6年ぶりに復帰したイチローは本拠地で練習後に「9番・左翼」での開幕戦先発が発表された。

 ヤンキースの田中は30日(同31日)の今季初先発に向け、ブルペンで25球を投げた。

 カブスのダルビッシュ、ドジャースの前田は31日(同4月1日)に先発で初登板する。メジャー1年目のダイヤモンドバックスの平野とパドレスの牧田、マーリンズの田沢は救援で開幕から出番に備える。

     ◇

 米大リーグ、マリナーズは28日、イチローが本拠地シアトルのセーフコ・フィールドでインディアンスと当たる29日の開幕戦に「9番・左翼」で先発出場すると発表した。44歳の現役最年長野手は右ふくらはぎの張りや頭部死球の影響で調整が遅れ、動向が注目されていた。

 開幕戦の先発はヤンキース時代の2013年以来。練習中にサービス監督から直接伝えられたイチローは「こんなギフトがあるなんて思いも寄らなかった。こんなに人の気持ちに応えたいと思ったのは久しぶり。ここまで我慢してくれて、最終的にこの判断をしてくれた」と喜びをかみしめるように語った。監督は「ここまで信じられないほどいろんなことが起こったが、最後の2日間で大丈夫なところを見せてくれた。9番でいろんな貢献をしてくれるはず」と期待を寄せた。

 昨季終了後にマーリンズからフリーエージェントとなり、7日にマリナーズに6年ぶりの復帰を果たした。だが、14日のオープン戦で右ふくらはぎに異常を訴え、一回途中で交代。19日に実戦復帰したが、23日のマイナー選手中心の練習試合で頭部に投球を受けた。オープン戦は10打数無安打、2四球だった。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報