東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

レオ攻勢、ここぞの集中 3年ぶり開幕3連勝

5回西武2死三塁、金子侑が中前に先制打を放つ=札幌ドームで

写真

◇西武4−1日本ハム

 西武が3年ぶりに開幕3連勝を飾った。五回に金子侑、源田、浅村の適時打で3点を先制。九回に源田の適時打で加点した。ウルフは6回8安打無失点で粘り白星。日本ハムは中田のソロの1点止まりで9年ぶりに開幕3連敗を喫した。

     ◇

 開幕から2試合続けて2桁安打の西武で、先発メンバーで唯一安打が出てなかったのが金子侑だ。五回2死三塁の好機。その9番打者が加藤の直球を中前にはじき返すと、打線は一気に勢いづいた。

 「(先発の)ウルフが頑張っていたので先制点が欲しかった。僕一人だけ開幕から打ててなかったので結果が出て良かった」と金子侑。すかさず二盗を決め、相手に重圧をかける。秋山が四球を選ぶと、ここから源田、浅村が連続適時打で応えた。

 四球と盗塁を絡め、4安打で3得点。開幕戦の三回に7連打、7得点したように、西武打線は好機で一気にたたみかける。6回を投げたウルフに対し、4回も先頭打者を出しながら本塁が遠かった日本ハムとは対照的だ。

 強力打線の中で特に目を引いたのが昨季の新人王、2番源田だ。この日は中田にソロで1点を返された直後の九回、2死三塁でしぶとく中前打を放つなど2打点。この3連戦は計6安打5打点と暴れた。「チャンスが来たら、思い切っていこうと決めている。ベンチもすごく明るいので乗っていける」と話す。

 3年ぶりの開幕3連勝を敵地で飾り、辻監督は「これ以上ない成績。源田も執念で打ったね。2年目のジンクスなどないよ」と目を細める。今年は西武球団創設40周年。10年ぶりの日本一を目指す。開幕ダッシュへ、最高の形で踏み出した。 (牧田幸夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報