東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

萩野7連覇 男子200個メドレー 瀬戸2位でともに代表決定

男子200メートル個人メドレー決勝1分56秒37で7連覇した萩野公介のバタフライ(上)、(下段左から)背泳ぎ、平泳ぎ、自由形=いずれも東京辰巳国際水泳場で

写真

 ジャカルタ・アジア大会(8〜9月)などの代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権第4日は6日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子200メートル個人メドレーは萩野公介(ブリヂストン)が1分56秒37で7年連続の頂点に立ち、2位の瀬戸大也(ANA)とともに日本水連の基準をクリアして代表に決まった。

 女子50メートル自由形は池江璃花子(ルネサンス亀戸)が自身の日本記録を0秒12更新する24秒21で3連覇し、同種目でも代表権を獲得した。池江は100メートルバタフライとの2冠。

 女子200メートル個人メドレーは大橋悠依(イトマン東進)が2分8秒92で2連覇し、2位の寺村美穂(セントラルスポーツ)とともに代表入り。男子200メートルバタフライは1分53秒79で初優勝した幌村尚(早大)と2位の瀬戸が代表となり、坂井聖人(セイコーホールディングス)は6位だった。

      ◇

 ラストの自由形。先頭の萩野は背後からライバル瀬戸の追い上げを感じとっていた。「粘り強く泳ぐ。勝負に勝ちたい」。消耗しながらも意地で前へと突き進んだ。1分56秒37で7連覇。リオデジャネイロ五輪で銀メダルを獲得したレースより0秒24上回った。「すごくほっとしている」。率直な思いを吐き出した。

 「譲れない思いがある」と覚悟を決めて臨んだ200メートル個人メドレー。バタフライ、背泳ぎで後続に1秒以上の差をつけて抜け出した。「体重移動を気にしながらできている」と手応えのいい平泳ぎでトップを守った。終盤の競り合いを見越しながらも心掛けたのは「周りを見ずに最後まで」。自らの泳ぎに徹した。

 体調不良明けで準備が万全とは言えなかった今大会。400メートル自由形で失速して2位に終わった。「情けないレースをした」。200メートル自由形は棄権してこの種目に集中し、「選手生命をかけるつもりで頑張ってもらわないと」と指導する平井伯昌コーチも発奮を促した。日本のエースは自分に打ち勝つ姿を示す必要があった。「苦しい時期が続いているが、2020年の東京五輪に向けて1日も無駄にできない気持ちで取り組んでいきたい」。不振の中で手にした優勝。輝きを取り戻すきっかけにしたい。 (磯部旭弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報