東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

大谷一振り ファンに勇気 3試合連続本塁打

アスレチックス戦の2回、3試合連続となる本塁打を放ちナインに迎えられるエンゼルス・大谷=アナハイムで(共同)

写真

 【アナハイム=共同】6日、各地で行われ、投打の「二刀流」として好スタートを切ったエンゼルスの大谷は本拠地アナハイムでのアスレチックス戦に「8番・指名打者」で出場し、二回の第1打席で3試合連続となる3号ソロを中越えに放った。四回の第2打席は中飛だった。

 ドジャースの前田が先発予定だったジャイアンツ戦は雨天中止となった。イチローの所属するマリナーズは試合がなかった。

    ◇

 エンゼルスの大谷が3試合連続本塁打を放った。二回表を終わって0−6と大差をつけられ、エンゼルスのファンで埋まるスタンドは静かになっていた。だが二回裏2死から8番の大谷に打順が回ると、一気に元気を取り戻して声援を送った。

 打席に入った大谷は、落ち着いてボールを2球見送る。カウント2ボールからの外角球をフルスイング。打球は舞い上がり、中堅フェンスを高々と越えていった。大歓声のなか、期待に応えてみせた大谷はダイヤモンドを一周した。

 4日のインディアンス戦で2試合連続本塁打をマークした際に「出来過ぎ。チームが勝てるように頑張るだけ」と話していたが、休日を挟んで迎えたこの日も、勢いは止まらなかった。

 試合前、ソーシア監督は「右足を上げてタイミングをとっていたが、足を上げるのをやめて大リーグの投手に対応できるようになった」と、大谷の適応力を褒めた。この日を迎えるまで、打者としては3試合で打率4割2分9厘、2本塁打、5打点。チームで最高の打撃成績を残していた。8番という打順について同監督は「まだ開幕から7試合しかたっていない。もう少し様子を見て、よければ上げることを考えるかもしれない」としていた。考える必要が出てきそうな好調ぶりだ。 (アナハイム・樋口浩一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報