東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

大谷、週間MVP 「二刀流」初 日本勢で最速、最年少

大谷翔平=ゲッティ・共同

写真

 【ニューヨーク=共同】米大リーグ機構は9日、週間MVP(2〜8日)を発表し、ア・リーグでエンゼルスの大谷翔平が同制度が始まった1975年以来初めて投打の「二刀流」選手として受賞した。日本勢としては23歳9カ月は最年少で、メジャー1年目の4月上旬の選出は過去最速となった。

 大谷は該当期間に、本拠地初登板となった8日のアスレチックス戦で7回を1安打無失点、12三振を奪う力投で開幕2連勝とした。打者としても3日から3試合連続で本塁打を放つなど打率4割6分2厘、3本塁打、7打点をマークした。球団を通じ「選ばれて光栄です。支えてくれた球団スタッフとチームメートに御礼申し上げます」とコメントした。

 週間MVPは95年6月に野茂英雄投手(ドジャース)が日本勢で初受賞した。直近では2016年8月にマーリンズ在籍時のイチロー外野手(マリナーズ)が日本人最多の5度目の選出を果たしている。ナ・リーグは完封を含む2勝を挙げたパイレーツのジェームソン・タイロン投手だった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報