東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

中央追い込む守備機能 なでしこ8大会連続W杯

 【アンマン=共同】サッカーの2019年女子ワールドカップ(W杯)フランス大会予選を兼ねたアジア・カップ第6日は13日、当地で行われ、日本代表「なでしこジャパン」がオーストラリアと1−1で引き分けて4強入りし、8大会連続のW杯出場を決めた。

 組織的守備でオーストラリアの猛攻を防ぎ、日本は終盤まで無失点で試合を進めた。終了間際に失点したが、結果は自力でのW杯切符獲得に必要だった、得点しての引き分け。高倉監督は「体を張ってしのぎながら出場権を獲得したのは非常に誇らしい」とたたえた。

 昨年の対戦ではエースのカーに前半だけで3得点されるなど、相手の速さに苦しんだ。その反省から、サイドの守備では縦のコースをふさぎ、守備的MFの宇津木らが待ち構える中央に追い込んで止める作戦で臨み、これが見事にはまった。

 ボールの取りどころが定まれば、攻撃にもスムーズに移行できる。宇津木は「真ん中で相手の攻撃を止めることがうまくいく部分はあった。みんながいい動きをしていた」とかつてのなでしこをほうふつとさせる戦い方に、手応えを口にした。

 1対1での競り合いの弱さなど、克服すべき課題は多い。熊谷は「正直、今のままではW杯は絶対に勝てない」と危機感を抱く。それでも最大の目標だった世界への切符は獲得した。ここからW杯までは世界を見据えた戦い。まずは2大会連続のアジアの頂点を狙う。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報