東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

筒香・ロペス弾 ベイ7連勝 13年ぶり「いい流れできた」

1回、DeNAの筒香が右中間に先制ソロを放つ

写真

◇DeNA2−0中日

 DeNAが2005年9月以来の7連勝。一回は筒香の4号ソロで先制し、四回はロペスの3号ソロで加点した。バリオスが七回途中まで無失点で2勝目。中日は前半の好機を逃し今季初の零敗。ジーは2度目の完投も3連敗。

    ◇

 打球は右中間席最上段の看板にまで届いた。筒香が一回に先制の4号ソロを放ち、DeNAは2005年9月以来の7連勝。「いい流れでできている」と自信は深まっている。

4回はロペスが左越えにソロ=横浜スタジアムで

写真

 浮いた133キロを狙った。「強いスイングでしっかり捉えることができた」と自画自賛の一発だった。昨季、第1号を放ったのは4月27日と遅かった。今季は打撃フォームから見直し、1年前とは比較にならない充実ぶりに「体も気持ちも全然、違う」と表情は明るい。ラミレス監督も「チームリーダーが打つと勢いづく」と笑顔で迎えた。

 チームも昨季までとは見違える。同監督就任後は2年連続で3、4月は負け越すなど序盤戦が苦手だった。今季は主将の筒香がミーティングで声を掛けることも少ないといい「何も気にせず、堂々とプレーできる雰囲気をみんなでつくっている」と各選手の高い意識を誇った。若手が多いチームが少しずつ成熟し、監督は「(歴史は)変わっていくもの」と胸を張った。

 シーズンは始まったばかり。「勝っても負けても反省する部分はしっかりしないといけない」と筒香は自戒の言葉も付け加えた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報