東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

衣笠祥雄さん死去 71歳 「鉄人」2215試合連続出場

写真

 プロ野球広島で中軸打者として活躍し、プロ野球記録の2215試合連続出場で「鉄人」と呼ばれ、国民栄誉賞を受賞した衣笠祥雄(きぬがささちお)さんが死去したことが二十四日、関係者の話で分かった。七十一歳。京都府出身。

 京都・平安高(現龍谷大平安高)で一九六四年、捕手として甲子園大会に春夏連続出場。六五年に広島に入団し、内野手に転向。七五年は山本浩二氏とともに中軸を担ってセ・リーグ初優勝に貢献し「赤ヘル旋風」を巻き起こした。七六年に盗塁王。八四年に打点王で最優秀選手に選出され、日本一にも輝くなど広島の黄金期を支えた。

 プロ六年目の七〇年十月から八七年に引退するまで、死球による骨折も乗り越えて2215試合連続出場。八七年に王貞治氏に次いでプロ野球二人目の国民栄誉賞。九六年に野球殿堂入りした。背番号「3」は広島の永久欠番。

 通算成績は2677試合で歴代5位の2543安打、歴代7位の504本塁打、歴代11位の1448打点、打率2割7分。ベストナイン3度。オールスターゲーム選出13度。引退後は解説者として球界に携わった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報