東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

田中「全力で抑えにいく」 打者大谷とあす対戦

試合前、ヤンキースの田中(右)と握手を交わすエンゼルスの大谷=アナハイムで(共同)

写真

 ヤンキースの田中とエンゼルスの大谷が27日、両チームの3連戦初戦を前にしたグラウンドで握手を交わし、談笑した。田中は28日(日本時間29日)に4勝目を懸けて先発する予定。大谷は指名打者での先発出場が見込まれ、対戦すればメジャーで初、日本時代以来5年ぶりとなる。

 両者は2013年、楽天のエースと日本ハムの新人として1シーズンだけ対戦。大谷を11打数無安打6三振と抑え込んだ田中は「(当時の)彼は18、19の年齢だった。今は全くの別人。対戦するのは彼だけでなく、エンゼルスには周りにいい打者がいる。でも、もちろん大谷に打たれたくないので、全力で抑えにいく」と話した。

 大谷は27日までに打者として打率3割3分3厘、3本塁打、11打点の好成績を残すが、田中は「継続して活躍してこそ認められる。本当に認められるのはシーズンを戦ってから」と激励も口にした。

 (樋口浩一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報