東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

菅野、本領2安打完封 Gウイーク突入6連勝

8回ヤクルト無死一塁、代打上田を二ゴロ併殺に打ち取り、拳を固める巨人の先発菅野=東京ドームで

写真

◇巨人3−0ヤクルト

 巨人が6連勝した。一回にゲレーロとマギーの2者連続の適時二塁打で2点を先制。八回には失策に乗じて1点を加えた。菅野は制球、球威とも抜群で今季初完封を無四球で飾り、3勝目。ヤクルトは打線が2安打に抑え込まれた。

◆二塁踏ませず

 九回2死、代打・荒木を遊ゴロに打ち取ると、巨人の菅野はどうだと言わんばかりに自軍ベンチに向かって右拳を突き出した。2戦連続の完投をチーム一番乗りの完封で飾り「最高の気分。何ものにも替えられない」。開幕直後にもがき苦しんでいたエースの面影は、もうどこにもない。

 「ターニングポイント(分岐点)」と振り返ったのが、2−0の七回1死で山田哲を迎えた場面だった。出塁を許せば、1本の本塁打で試合が振り出しに戻る状況が整う。加えて、次打者は球界屈指の長打力を誇るバレンティン。勝負どころと見極めた右腕が本領を発揮した。

 外角に変化球を続け、最後は内角にこの日最速の152キロ。10球にわたる勝負で力ない二邪飛に仕留め、チームの6連勝をたぐり寄せた。

 散発2安打、無四球。二塁すら踏ませなかった。投手陣の負担が増す9連戦の初戦で見せた圧巻の投球に、高橋監督は「完璧。言うことない」と絶賛した。

 4度目の開幕投手を任された今季、その開幕戦でも2度目の先発でもノックアウトされた。本来の投球をできずにいたが、これで自身3連勝。「まだまだ調子は上がる。上がると信じて投げたい」。力強くファンに誓った。 (中川耕平)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報