東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

「女人禁制 緊急時は例外」 相撲協会が一般の意識調査へ

 女性は土俵に上がれないとする大相撲の「女人禁制」が注目される中、日本相撲協会は二十八日、東京都墨田区の両国国技館で「土俵と女性について」を議題に臨時の理事会を開いた。八角理事長(元横綱北勝海)は会合後に談話を発表し、緊急時には例外として女性が土俵に上がれるとの見解を改めて示し、この問題について議論を継続して一般男女への意識調査などを行うことなどを発表した。

 談話では、京都府舞鶴市の巡業で市長の救命処置に当たった女性に土俵から下りるよう促した場内アナウンスについて「的確な対応ができなかったのは、日ごろの指導が足りていなかったせいです。深く反省しております」と謝罪。兵庫県宝塚市の巡業で土俵上でのあいさつを断られ、見直しを求める要望書を出した中川智子市長には「不快な思いをさせ、申し訳ない」と陳謝した。

 一方、歴代の理事長らが女人禁制の伝統に女性差別の意図はないと説明してきた事実を紹介。協会が管轄する大相撲の土俵は「力士の戦いの場、鍛錬の場」と強調し、女性を不浄とした昔の神道の考え方が土俵に上がれないとする根拠ではないと理解を求めた。

 巡業のちびっこ相撲で女児の参加を断った件については、稽古をつける関取衆から「女子の顔に傷を負わせることを心配する声が上がってきた」と安全に配慮した結果だと説明。今回の春巡業でも男子二人がけがをしたという報告があったことから、ちびっこ相撲を一時的に休止し、複数の子どもが一斉に関取と対戦するけがの危険性が高い稽古法を見直し、女児の参加も再検討した上で再開を目指すとした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報