東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

原沢、涙の3年ぶりV 柔道全日本選手権

3年ぶり2度目の優勝を果たし、感極まる原沢久喜=日本武道館で

写真

 体重無差別で争う全日本選手権は29日、東京・日本武道館で世界選手権(9月・バクー)男子100キロ超級の代表最終選考会を兼ねて行われ、2016年リオデジャネイロ五輪男子100キロ超級銀メダルで25歳の原沢久喜(日本中央競馬会)が、決勝で3連覇を狙った王子谷剛志(旭化成)に延長の末に反則勝ちし、3年ぶり2度目の優勝を果たした。決勝は9分16秒に及ぶ大熱戦。原沢は前に出る気迫の攻撃を続け、指導を三つ引き出した。12年覇者で32歳の加藤博剛(ひろたか=千葉県警)が3位と大健闘。昨年まで3年連続4強入りの七戸龍(九州電力)は準々決勝で原沢に敗れた。

 昨年世界王者で推薦枠から出場した60キロ級の高藤直寿、73キロ級の橋本壮市(ともにパーク24)は初戦の2回戦で敗退した。今大会から試合時間を5分から4分に短縮。「有効」を残す以外は国際柔道連盟(IJF)のルールに沿って行われた。

 決勝は9分16秒の熱闘となった。規定の4分間で決着はつかず、延長戦で勝敗を分けたのは気持ちの強さ。3年ぶりの頂点に返り咲いた原沢は「きついのを乗り越え、また一段上がった状態に入れられた」と男泣きした。

 同じ25歳の好敵手である王子谷と全日本の決勝では初顔合わせ。互いに右の奥襟をつかみ、激しく大外刈りを掛け合った。2人が意識したのは2月の国際大会決勝。互いに手の内を知るため、消極的な攻めに終始して両者とも指導3度の反則負け。優勝者なしで日の丸を掲げられず、原沢は「今回こそ投げて勝つ」と気合が違った。

 ただ両者とも決勝までに力を使い果たしていた。2年後の東京五輪と同じ会場。みな死力を尽くして立ち向かってきた。原沢にとって延長戦はこの日4度目だったが「何とか執念で戦った」。最後は「脱水症状が出て力が伝わらなくなった」という王子谷から三つ目の指導を奪い、原沢が勝ち名乗りを受けた。

 所属先の胴着を着る最後の大会だった。昨秋すぐ心拍数が上がるなどの症状が出る「オーバートレーニング症候群」と診断された。休養を余儀なくされ、本格的な練習を再開したのは年が明けてから。リオ五輪後は結果を残していなかったこともあり「退路を断って、柔道だけに集中したい」と退職を願い出た。まだ自国開催の大舞台に向けた青写真は描き切れてはいない。「人生うまくいくことばかりではない。落ちるときもある。そういう経験が自分を強くしてくれる」。伝統の大会を制して取り戻した自信が、原沢の背中を前へと押してくれる。 (松山義明)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報