東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

西武止まらない16点 4番山川、光る選球眼

5回、2ランを放ち、ナインに迎えられる西武・山川=メットライフドームで

写真

◇西武16−4楽天

 西武が先発全員の15安打で今季最多の16点を奪い大勝した。2−2の五回に秋山の適時打と山川の11号2ランで3点を勝ち越し、六回に浅村の3点二塁打など打者一巡で6点を加えた。多和田は7回2失点で開幕5連勝。楽天は6連敗。

 ◇ 

 西武打線の勢いが止まらない。三回までに2点を先行されてもものともせず、先発全員の15安打で今季最多の16得点と楽天を圧倒し、今季の本拠地メットライフドームで負けなしの11連勝とした。

 2−2の五回、秋山の適時打で勝ち越してなお2死三塁で、4番山川がリーグトップを独走する11号2ランを放った。「行ったなと思った」という豪快な打球は左中間席へ。勢いづいた打線は六回に6点、七回に5点と畳み掛けた。

 長打よりも光ったのが、効果的に得点に絡めた四球だ。山川は一発よりも1−2の三回2死満塁で選んだ同点の押し出し四球に「追い付くところだし、冷静に見られた」と納得の表情を浮かべた。橋上作戦コーチは「まず相手が警戒してくる。打線の状態がいいし、選手も際どいところを打ちにいかず、四球を選べる。好循環になっている」と好調の要因に挙げた。

 辻監督も「山川は打ちたいのも分かるけど、見るのに価値がある」とたたえた。今季の本拠地最多となる3万2741人の観客の前で見せた圧勝劇は、長打だけではない西武打線の強さが凝縮されていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報