東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

19歳谷川、驚きの新王者 君臨10年内村陥落 体操全日本選手権

男子個人総合決勝 初優勝した谷川翔のあん馬=東京体育館で

写真

 世界選手権(10〜11月・ドーハ)代表選考会を兼ねた個人総合の全日本選手権最終日は29日、東京体育館で決勝が行われ、男子は19歳2カ月の谷川翔(かける=順大)が予選との合計172.496点をマークし、史上最年少優勝を果たした。これまでは1996年大会覇者の塚原直也の19歳4カ月が最年少記録。 

 白井健三(日体大)が172.164点で2位。11連覇を狙った内村航平(リンガーハット)は171.664点で3位に終わり、国内大会の個人総合で2008年9月の全日本学生選手権2位以来10年ぶりに敗れた。

 16年全日本ジュニア選手権王者で予選2位の谷川翔は2種目目で予選1位の白井をかわし、0.332点差で振り切った。五輪2連覇の内村は決勝トップの得点で追い上げたが、予選5位の出遅れが響いた。

 女子は村上茉愛(まい=日体大)が予選との合計112.398点で3連覇。寺本明日香(ミキハウス)が3.502点差で2位、畠田瞳(セントラル目黒)が3位だった。

 全日本の得点が持ち点となるNHK杯(5月19、20日・東京体育館)で男子は2位までが世界選手権代表、女子は6位までが代表候補となる。

    ◇

 最年少優勝記録を2カ月差で塗り替え、初の頂点に立った19歳の谷川翔は「自分が勝つなんて考えられない」と驚きを隠さなかった。昨年は22位。誰もが優勝を予想せずに迎えた決勝では、持ち前の美しさが際立った。技の完成度を示すEスコア(実施点)は6種目中5種目で2位の白井を、4種目で3位内村を上回った。

 真価を発揮したのは5種目目の平行棒。足先まで伸びた倒立は揺るがず、バーから跳び上がって開脚するE難度の「バブサー」も狂いない。白井との差を0・465まで広げ、勝負を決定づけた。

 昨年の世界選手権代表、谷川航(わたる=順大)の弟。2歳上の兄を追って、小学1年で体操を始めた当時から「先生に膝、つま先を伸ばすよう言われてきた」。ミスを厳しく減点する昨季からの新ルールが追い風になった。持病の腰痛も和らぎ、一気に花開いた。

 「2020年に頑張っても遅い。今年からどんどん結果を残したい」と東京五輪代表を見据える。「遠い存在」だった白井、内村に競り勝ち、現実味を帯びてきた。 (佐藤航)

<たにがわ・かける> 1999年生まれ、千葉県船橋市出身。中学3年で全国中学校体操選手権の個人総合で優勝。市立船橋高3年で出場した全日本選手権は個人総合で10位に食い込んだ。兄は同じ順大で昨年の世界選手権代表の航(わたる)。得意種目は床運動とあん馬、平行棒。身長154センチ、体重51キロ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報