東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

日本女子メダル確定 卓球・世界選手権団体戦

女子準々決勝 ウクライナ戦でストレート勝ちした石川佳純=共同

写真

 【ハルムスタード(スウェーデン)=共同】世界選手権団体戦第5日は3日、当地で決勝トーナメントが行われ、女子の日本は準々決勝でウクライナに3−0で快勝し、3大会連続の銅メダル以上が決まった。4日の準決勝で南北合同チーム「コリア」と対戦する。

 第1試合で伊藤美誠(スターツ)が3−2で競り勝って流れをつくると、第2試合は石川佳純(全農)、第3試合は平野美宇(日本生命)がストレート勝ちした。

 男子で2大会連続の決勝進出を目指す日本は、1回戦で香港に3−0で勝ち、8強入りした。第1試合は張本智和(エリートアカデミー)が3−0で快勝。第2試合は水谷隼(木下グループ)が3−1で勝ち、第3試合は丹羽孝希(スヴェンソン)がストレート勝ちした。4日の準々決勝では韓国と対戦する。

◆石川がけん引 頼れる主将

 1次リーグの初戦で快勝したウクライナを準々決勝で再び退け、日本女子が3大会連続のメダル獲得を決めた。主将の石川は「落ち着いてプレーできた。まずはほっとしている」とひと安心。フルゲームと苦しみながら勝ち抜いた1番手の伊藤の後に登場し、ストレート勝ちで日本に弾みをつけた。

 1次リーグで日本戦に出場しなかったカット主戦型のビレンコと対戦。粘り強く返球してくる相手に根負けせず、勝負どころを見極めてフォアハンドを力強く打ち込んだ。1、2ゲーム目をいずれも11−5で取り、リズムに乗って攻め続ける。3ゲーム目も相手を封じ込め、11−2と一方的だった。

 リオデジャネイロ五輪の女子シングルス初戦でカット主戦型のキム・ソンイ(北朝鮮)に敗れて以降、カット対策を強化。パワーをつけ、より決定打をたたき込めるようになった。3月のドイツ・オープン決勝でもカット型の選手に勝利。「今は得意かなと自分自身も言える」と苦にしない姿を見せつけた。

 準決勝の「コリア」戦では、キム・ソンイと対戦する可能性もある。2月のワールドカップ団体戦では勝ち切ったが、「練習の成果を見せるとき。何回やってもリベンジという気持ちで戦おうと思っている」と士気は高かった。 (磯部旭弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報