東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

イチロー、今季出場せず マリナーズの特別アドバイザーに

イチロー外野手=ゲッティ・共同

写真

 【シアトル=共同】米大リーグで歴代21位の通算3089安打を放ったマリナーズのイチロー外野手(44)=本名・鈴木一朗=が球団の特別アドバイザーに就任し、選手としては今季の残り試合に出場しないことが三日、複数の球団関係者の話で分かった。ベンチ入りの25人枠から外れるが、球団と生涯契約を結んでチームに同行し、練習しながら選手らをサポートする。来季以降は試合出場も可能という。米国時間三日(日本時間四日)に発表される。

 関係者によると、メジャーでも異例の契約内容。本人は従来五十歳まで現役続行を公言するなどプレーをする意欲は高く、来季以降にマリナーズの一員として故障者が出た場合などに選手としてプレーする可能性があるという。この契約を結ぶことで日本球界に戻る可能性はなくなった。

 マリナーズは四日(日本時間五日)から本拠地シアトルでエンゼルス3連戦を予定しているが、大谷翔平との対戦もなくなった。

 イチローは昨季限りでマーリンズからフリーエージェント(FA)となり、二〇一二年途中まで在籍したマリナーズに六年ぶりに復帰。大リーグ現役最年長野手で、今季は9安打、打率2割5厘にとどまった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報