東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

竜投手陣 粘り勝ち 延長勝ち越し呼び込む

11回裏、試合を締めた田島(左)は大野奨とハイタッチ=甲子園で

写真

◆中日5−1阪神

 中日が1−1の延長十一回、失策を足場に2死満塁とし、代打モヤの押し出し四球で勝ち越し、さらに大島の走者一掃の二塁打で突き放した。阪神は連勝が3で止まった。十一回は代わった藤川が踏ん張れず、最後は高橋聡が打たれた。

      ◇

 投手陣が踏ん張った。中日は先発の小笠原が6回1失点にまとめた後、粘りの継投が実った。延長十一回の満塁機にモヤの押し出し四球、さらに大島の走者一掃の二塁打で一挙4点を奪い、連日に及ぶ4時間超の試合を制した。

 前日の3日のヤクルト戦では救援陣5人をつぎ込み、延長十回に力尽きてサヨナラ負けを喫した。3日に失点した悔しさを晴らすべく連投した鈴木博や田島が、この日は走者を出しながらも無得点に抑えた。

 同じく連投となった谷元は延長十回を無失点で、移籍後2勝目を手にした。「しっかりゼロに抑えてベンチに戻るのが仕事。自分の役割を遂行できて良かった」と、ほっとした表情だった。

 攻撃では三回に先制したものの、その後は打線につながりを欠いて加点できなかっただけに、森監督は「向こうが粘れなかっただけ。うちが粘ったわけじゃない」と冷静だった。連戦の中で延長試合が続き、中継ぎ投手の酷使が心配される中「もうひと踏ん張りしてもらいましょう」と託した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報