東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

大谷3勝目 6回0/3 2失点 「カーブよかった」

マリナーズ戦に先発し、6回0/3を2失点で3勝目を挙げたエンゼルス・大谷=シアトルで(共同)

写真

 【シアトル=共同】6日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がシアトルでのマリナーズ戦に先発し、6回0/3を投げて1本塁打を含む6安打2失点、6三振3四死球で4月8日以来の白星となる3勝目(1敗)。試合は8−2だった。

 大谷は4月27日の試合中の走塁で左足首を捻挫し、1日の先発を回避。登板は4月24日以来で中11日だった。

 ダイヤモンドバックスの平野はアストロズ戦で2−1の七回途中に3番手として登板し、2/3回を無安打無失点、1三振だった。チームは3−1で勝った。

 マーリンズの田沢はレッズ戦で8−3の九回に5番手で登板し、1/3回を2安打2失点、1四球だった。チームは8−5で勝った。

◆12日ぶり登板 捻挫の影響なく

 左足首の捻挫で12日ぶりの登板となったエンゼルスの大谷が、ブランクを感じさせない投球を見せた。一回を三者凡退に抑えると、六回まで毎回先頭打者を打ち取り無失点の好投を披露した。

 6−0でリードして迎えた七回に無死一塁から左越え本塁打され、次打者に四球を与えたところで交代。チームは勝って、先月8日のアスレチックス戦以来、ほぼ1カ月ぶりに勝利投手になった。

 「カーブの状態がよかったので、カーブをしっかり使っていくと決めてマウンドに登った。プラン通りにいってよかった」と笑顔。マリナーズ打線に対して変化球が有効だと判断し、カーブで打者の目先をかわしてスライダーやフォークを交え、速球を加えた投球が光った。

 4月27日のヤンキース戦で左足首を捻挫。登板間隔が空いた原因にもなったが、この日の投球に捻挫の影響はなかった。イチローは5月3日に選手枠から外れたため対決は実現しなかったが、敬愛する先輩の前で勝てたことに、大谷は満足した様子だった。(シアトル・樋口浩一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報