東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

変化する大谷 進化する思考、曲げて3勝目

マリナーズ戦に先発し、6回0/3を2失点で3勝目を挙げたエンゼルス・大谷=シアトルで(共同)

写真

 【シアトル=共同】6日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がシアトルでのマリナーズ戦に先発し、6回0/3を1本塁打など6安打2失点、6三振3四死球で4月8日以来の勝利を挙げた。これで3勝1敗、4本塁打とした。

 4月27日の試合中の走塁で左足首を捻挫したため、登板は1日を回避し、4月24日以来だった。チームは8−2で勝った。

 ダイヤモンドバックスの平野はアストロズ戦で2−1の七回途中に登板し、2/3回を無安打無失点、1三振と好投した。チームは3−1で勝った。

 マーリンズの田沢はレッズ戦で8−3の九回に投げ、1/3回を2安打2失点、1四球と乱れた。チームは8−5で勝った。

     ◇

 過去4度の登板から明らかな変化があった。エンゼルスの大谷はマリナーズ打線を映像で分析し、前日までの反応を見たことで「カーブをしっかり使っていくというのはマウンドに行く前に決めていた」と言う。普段は1試合で数球しか投げない球種を一回だけで4球使うなど緩急をつけた。

 正捕手マルドナドが忌引で欠場し、公式戦で初めてリベラとバッテリーを組んだ。事前に綿密に配球を話し合い「全球種まんべんなく、それなりに使えていた」。的を絞らせず、六回まで無失点で相手エースのヘルナンデスに投げ勝ち、このカード勝ち越しに導いた。

 データに対する意識も変わった。「今まではあまり考えるタイプではなかった。自分がやってきたものを出せば負けない。そういう身体的な部分で勝負してきたところが多い」とのスタイルだったが「やっぱりそれだけでは補えない。活用しない手はない」と話すようになった。

 投打の「二刀流」で時間は限られている。「打席の中でもマウンドでも、その外でも考える時間がすごい長い」と思考の成長ものぞかせた。 (シアトル・共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報