東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

稀勢、7場所連続休場 貴乃花以来、横綱最長

稀勢の里

写真

 大相撲の横綱稀勢の里(31)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が夏場所(13日初日・両国国技館)を休場することが11日、決まった。日本相撲協会に「左大胸筋痛で約1カ月激しい運動を制限する」との診断書を提出。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が「次の場所に向けて治していきたいということで休場する」と説明した。次に出場する場所では進退問題が浮上する可能性が高まった。

 横綱の7場所連続休場は、2002年名古屋場所までいずれも全休した貴乃花以来で、年6場所制となった1958年以降では最長。稀勢の里は3月の春場所を全休。4月の春巡業には途中から参加したが、3日の横綱審議委員会の稽古総見で精彩を欠くなど、調整不足が続いていた。

 また同部屋の大関高安(28)=本名高安晃、茨城県出身=も夏場所を休場する。場所前の稽古で左上腕を痛め「左上腕三角筋部分断裂で3週間の安静加療必要」との診断書を提出した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報