東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

ガルシア完封「人生初」 テンポよく巨人ほんろう

巨人に完封勝利し、大野奨(右)と抱き合って喜ぶガルシア=東京ドームで

写真

◇中日6−0巨人

 中日の新外国人ガルシアが初完封。巨人打線に的を絞らせず、6安打に封じて4勝目を挙げた。打線は中軸が本塁打。四回は福田がソロ、六回はビシエドがソロ、七回はアルモンテが3ランを放った。巨人の連勝は3で止まった。

     ◇

 テンポよく、コースに決めた。中日の来日1年目左腕ガルシアは巨人打線を6安打に封じ、初の完投を完封で飾った。今季4勝目。チームの勝ち頭は「自分の野球人生の中で完投も完封も初めて。本当にうれしい」と笑顔で語った。

 前回登板した5日の阪神戦は一回、先頭からの3者連続四球をきっかけに2失点するなど計7四球で初めて敗戦投手となった。そこからキャッチボールで体のバランスを修正。リズム良くゴロアウトを積み重ねる投球で好投し「コントロールの部分で調整した。腕を振ることを考えた」と胸を張った。

 最大のピンチは八回だった。1死から2安打と死球で満塁のピンチを招いたが、ゲレーロを内角直球で詰まらせて三ゴロ併殺打。「興奮した」と何度もほえて喜びを表現した。

 190センチの長身から小さなテークバックでチェンジアップ、スライダーなどを投げ下ろす。シーズンオフに自ら獲得に動いた森監督は「要所、要所で抜いた球と曲がるボールがいいところにいっていた。これを続けてくれると思う」と称賛し、目を細めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報