東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

遠藤、豪栄撃破 新小結 白星先行にも淡々

遠藤(右)が肩透かしで豪栄道を破る

写真

◇大相撲夏場所<3日目>

 両横綱はともに平幕を退け、初日から3連勝。2場所連続優勝を狙う鶴竜は魁聖を寄り切り、3場所ぶりの制覇を目指す白鵬は松鳳山を押し出した。

 大関豪栄道は新小結遠藤に肩透かしで敗れて初黒星。遠藤は2勝目を挙げた。大関昇進が懸かる関脇栃ノ心は玉鷲をはたき込み、大栄翔をはたき込んだ関脇逸ノ城とともに3戦全勝とした。小結御嶽海は2勝目。

 勝ちっ放しは両横綱、両関脇に加えて平幕の正代ら8人となった。

      ◇

 頭と頭で当たり、ゴツンと大きな音がした立ち合い。遠藤は豪栄道に押し込まれたが、そこからがこれまでと違った。大関の左腕をたぐって抵抗し、簡単には運ばれない。相撲のうまさが光る力士だが、この日は力強く粘った。

 我慢できなかったのは、豪栄道の方。悪い癖が顔を出し、攻め込んでいるのに引いてしまう。挑む側は、ひたすら頭を低くして、何度引かれても足をしぶとく運び、前に前に攻めた。最後は右を差して肩透かし。足がそろった大関を、土俵にはわせた。

 土俵下で見届けた藤島審判長(元大関武双山)は「前に出る圧力と粘りが、豪栄道に引かせたんでしょうね」と分析し、「大関を相手に真っ向から勝っているんだから、自信にもなったでしょう」と手放しでたたえた。

 本人は、支度部屋に戻ってもいつも通り。報道陣の問いに「そうですね」「良かったです」「うーん…」。喜びに浸るでもなく、笑顔を見せるでもなく、小さな声で答えるのみ。番付を上げては、度重なるけがで悲哀を味わった。一つの相撲で一喜一憂せず、感情を表に出さないのも、いい流れがずっと続くわけではないことを、身をもって知っているからかもしれない。

 今場所前は膝や足首の状態も良く、出稽古で豪栄道に胸を借りるなど稽古を積んだ。師匠の追手風親方(元幕内大翔山)は「けがしてから一番の稽古量。今までより万全」と太鼓判を押す。新小結で、まずは白星が先行した。「これからだと思います」と遠藤。場所は始まったばかり。表情がゆるむのは、千秋楽まで取りきってからだ。 (平松功嗣)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報