東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

松鳳山、師匠にささげる金星 「前へ」療養中・二所ノ関親方の教え

松鳳山(右)が押し倒しで鶴竜を破る

写真

◇大相撲夏場所<4日目>

 2場所連続制覇が懸かる横綱鶴竜は平幕松鳳山に押し倒され、初黒星を喫した。松鳳山は5個目の金星を獲得。3場所ぶりの優勝を狙う白鵬は平幕魁聖を上手出し投げで仕留め、4連勝とした。

 大関豪栄道は玉鷲に押し出され、2連敗で星が五分に戻った。大関昇進を目指す関脇栃ノ心は小結御嶽海を一方的に寄り切り、豊山を寄り切った関脇逸ノ城とともに4戦全勝。新小結遠藤は阿炎に敗れて2勝2敗。

 勝ちっ放しは白鵬、栃ノ心、逸ノ城に平幕正代の4人となった。

    ◇

 突き押しの手数は鶴竜の方が圧倒的に多かった。だが松鳳山は一歩も引かない。左右の頬に平手を受けても腰を落とし愚直に足を運んだ。じりじりと後退させ、たまらず引いた横綱の足が土俵外の土を蹴った。

 押し倒しで自身五つ目の金星。「よく我慢できた。余計なことを考えず前に出られたのが良かった」。八角理事長(元横綱北勝海)も「しぶとく行っていた」と評した。

 三役以上の相手とはいえ初日から3戦全敗。受け身になり一方的に土俵を割る相撲が目立った。「当たっても前に出ず攻め込めなかった」。その反省を生かし、自分の持ち味を改めて思い出して臨んだ横綱戦だった。額には引っかかれたような痕。血もにじんでいた。「デコの傷も我慢した結果」と胸を張り、「余計に人相が悪くなる」と自虐的な言葉で報道陣を笑わせた。

 場所前、昨年10月に頭部の手術を受けて療養中の師匠二所ノ関親方(元大関若嶋津)から「頑張れよ」と声をかけられた。短い言葉だったが「いろいろな思いがこもっていた」と振り返る。師匠の口癖が「負けるときも前に出て負けろ」。引いて勝っても怒られた。教え通りの相撲を取り戻し、期待に応えてみせた。

 日馬富士を破り初金星を挙げた5年前の秋場所では、土俵上で感極まった熱血漢。師匠への思いを問われ、「ここから勝ち越して三賞を取れれば余計、良いんでしょうね」。ここからが再スタート。場所はまだ3分の1も終わっていない。

  (禰宜田功)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報