東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

サンウルブズ 初の連勝 ストーマーズに26−23逆転勝ち

ストーマーズに勝利し喜ぶサンウルブズの選手たち=香港で(ゲッティ・共同)

写真

 【香港=共同】スーパーラグビー第14節最終日は19日、当地などで行われ、日本チームのサンウルブズはストーマーズ(南アフリカ)に26−23で逆転勝ちした。参入3季目で初の2連勝を果たし、2勝9敗。ストーマーズは5勝8敗。

 前半を10−17で折り返したサンウルブズは後半17分にロック、ハッティングのトライ(ゴール)で追い付き、25分にSOパーカーのPGで勝ち越した。その後にリードを許したが、20−23からパーカーがPG、終了間際にはDGを決めた。次戦はオーストラリアに遠征し、25日にメルボルンでレベルズ(オーストラリア)と対戦する。

◆ロスタイム 殊勲のDG

 23−23のロスタイム。自陣での密集で相手ボールを奪った。連続攻撃で敵陣に入り込み、ゴールまで約30メートルの右サイドでパスを受けたSOパーカーは「いくしかない。やってやる」と利き足ではない右足を振り抜いた。劇的DG(ドロップゴール)でチーム史上初の2連勝が決まると殊勲のキッカーに選手が集まり、ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)もはしゃぐように拍手した。

 気温30度前後の炎天下。前半はキックを使い、大きなストーマーズを疲れさせながら10−17で折り返した。後半は速いテンポでパス中心の攻めに転換。17分はグラウンドを広く使い、FB松島、フランカーのリーチが続けざまに突破してロックのハッティングがトライ。その後に再びリードされたが、ミスの多くなった相手に食らい付き、初勝利を挙げた前節でキックを全て成功させたパーカーが40分の土壇場で40メートル以上の同点PGを決めた。

 最後のDGの場面。SH流共同主将はパーカーが練習で右足でもDGを決めていた姿を思い出し、信頼してパスを送ったという。チームが始動して約4カ月。準備期間が短かったチームはようやく成熟度が高まり、成果が出てきた。次戦から代表活動でチームを離れるジョセフHCは「正しい方向に進んでいる」と力強く語った。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報