東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

「柔」の栃ノ心 8連勝 力比べ一転 巻き替え

栃ノ心(右)が寄り切りで逸ノ城を破る

写真

◇大相撲夏場所<8日目>

 大関昇進を目指す栃ノ心は逸ノ城との関脇同士の対戦を力強く寄り切り、8戦全勝で勝ち越しを決めた。両横綱は鶴竜が平幕千代大龍を上手出し投げで退け、白鵬は平幕豊山を寄り倒し、ともに1敗を守った。大関豪栄道は大栄翔に押し出され、3連敗で5敗目。小結御嶽海は5勝目を挙げた。逸ノ城は4連敗で星が五分に戻った。ただ一人全勝の栃ノ心を追う1敗は鶴竜、白鵬、平幕千代の国の3人。

   ◇

 右四つでがっぷり組み合った。毎場所のように客席が沸き返る栃ノ心と逸ノ城の力比べ。「前より重かった」と振り返った栃ノ心が、技術で白星をたぐり寄せた。

 土俵中央で動きが止まると、右から強引な下手投げ。逸ノ城がこらえる隙に左を巻き替えてもろ差しになった。巨体を下から持ち上げるように3度、4度と寄り立て、先場所より10キロ重くなった225キロの逸ノ城を寄り切った。

 「(もろ差しに)ならなかったら、多分だめだった」。立ち合いの直後には土俵際に押し込まれ、さらにつられかけた。流れを一変させたのが左の巻き替え。筋力に頼り「剛」一辺倒になりがちの栃ノ心が見せた「柔」の相撲を、花道の奥で出番を待ちながら見ていた白鵬は「力強さだけじゃなく、巻き替えたところに成長を感じる」と褒めた。

 がっぷり組んだ熱戦を、八角理事長(元横綱北勝海)は「絵になる。ぐっと力を入れ合う」と評した。大相撲ならではの迫力を感じさせつつ、栃ノ心は技でも見せた。2桁勝てば可能性が濃くなる大関昇進のみならず、優勝争いでも場所の中心に立っている。

 八角理事長は「初優勝の時は寝られないけど、いまはゆっくり寝られるのでは」と賜杯を抱いた初場所の経験が心理面で力になっていると見る。勝ちっ放しで8日目を折り返すのは初めて。栃ノ心は「勝ち越しが目標じゃないから。あと半分だから、これからが大事になるんじゃないか」と地に足がついている。星勘定を「今は考えない」。目の前の一番に集中して白星を重ねる。大関とりへの足取りは一日ごとに力強さを増している。(海老名徳馬)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報