東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

日大アメフット選手謝罪 「コーチ通じ反則指示」「監督に意見言えない」

 アメリカンフットボールの定期戦で、悪質な反則で相手選手をけがさせた日大の宮川泰介選手が、自ら口を開いた。22日に行った記者会見での主張からは、悪質な反則行為に及んだ背景に、アメフットを始めたという高校時代から師事するコーチの言葉があったことが浮かび上がった。 (唐沢裕亮)

 会見で宮川選手は、内田正人前監督について「基本的に監督と直接会う機会はあまりない。意見を言えるような関係ではなかった」と説明。一方、監督の指示を伝えていたとされる井上奨コーチについては「高校2年生のころから、監督をやっていただいていたので、そのころから信頼はしていたのかもしれない」と述べるなど距離感の近さをうかがわせた。

 そのコーチから、定期戦前日に言われた。「監督に、おまえをどうしたら試合に出せるか聞いたら、相手のQB(クオーターバック)を1プレー目でつぶせば出してやると言われた。『QBをつぶしに行くんで僕を使ってください』と監督に言いに行け」。試合への出場を望む宮川選手としては、その言葉に従う選択をした。

 井上コーチも同部のOBとみられる。内田前監督の部内での存在感の大きさからすれば、コーチ自身も監督に意見する立場ではない可能性もある。いずれにしても、宮川選手は、コーチの言葉を内田前監督からの指示と受け止めていた。

 アメリカンフットボールでは一人一人の選手がチームの「駒」となり、戦術に沿って与えられたそれぞれの役割を忠実に実行することで、チーム全体のプレーを成功させる。そういった競技特性も、宮川選手を反則行為に追いやった背景にあるのかもしれない。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報