東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

エメリ氏「夢のような挑戦」 アーセナル新監督就任会見

アーセナルの監督に決まったエメリ氏=ロンドンで(ゲッティ・共同)

写真

 イングランド・プレミアリーグで、アーセナルを22シーズン率いたベンゲル監督の後任が決まった。今季までパリ・サンジェルマン(フランス)を率いたスペイン人のウナイ・エメリ氏が23日に記者会見し「夢のようなチャレンジだ。ベンゲルの後を継ぐことができて誇りに思う」と心境を語った。

 現役時代は無名だったが、監督としてセビリア(スペイン)を欧州リーグ3連覇に導いて名を上げ、2016年にパリSGの監督に就任。今季は大型補強でネイマールらを加えて国内3冠を達成したが、欧州チャンピオンズリーグは2季連続で16強止まり。2年契約は更新されず退任した。

 ベンゲル監督の後任には教え子のアンリ氏やビエラ氏らの抜てきもうわさされた。同じくOBでマンチェスター・シティーのコーチを務めるアルテタ氏が一時は最有力とみられたが、クラブは8人の候補と面談したと明かし、12年まで率いたバレンシア(スペイン)時代から注目していたというエメリ氏に決めた。

 同じイングランドの強豪、マンチェスター・ユナイテッドは長期政権を築いたファーガソン元監督の退任後、監督交代を繰り返してリーグ優勝から遠ざかる。くしくも前任者が1996年に就任したときと同じ46歳で引き受けるエメリ氏は「再び欧州でトップチームの一つにしたい」と、今季無冠に終わった名門の再建へ意欲を示した。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報