東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

日本女子 37年ぶり世界一 バドミントン・ユーバー杯

 【バンコク=共同】バドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦の女子ユーバー杯は26日、当地で決勝(3戦先勝方式)が行われ、第1シードの日本が初優勝を狙った地元タイを3−0で下し、1981年大会以来37年ぶり6度目の優勝を果たした。

 第1試合のシングルスで前世界ランキング1位の山口茜(再春館製薬所)が2013年世界選手権覇者のラチャノック・インタノンにストレート勝ち。続くダブルスで世界ランク2位の福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)、シングルスで昨年の世界女王の奥原希望(日本ユニシス)がそろって2−0で勝った。

 27日に男子トマス杯の決勝が行われ、日本は2大会ぶり2度目の世界一を目指し、第1シードの中国と対戦する。

◆黄金期再び 層厚さ示す

 日本女子が豪華な布陣で37年ぶりに表彰台の中央に立った。シングルス、ダブルスとも世界ランキング上位をそろえ、総合力の高さは際立っていた。

 シングルスは奥原が昨年の世界選手権を日本勢として初制覇し、今年は一時、山口が世界ランク1位になった。ダブルスは世界ランクのトップ5に3ペアが入った。決勝では世界2位の福島、広田組が快勝。2016年リオデジャネイロ五輪優勝で世界4位の高橋礼、松友組に出番が回らず、昨年のスーパーシリーズ・ファイナル覇者の米元、田中組(北都銀行)が決勝のメンバーから漏れるほど競争が激しい。

 1960〜70年代に当時世界一を決めた全英オープンで湯木博江がシングルスを4度制し、ダブルスでは相沢マチ子、竹中(現姓栂野尾)悦子組が3度制覇。日本は60〜80年代にユーバー杯を5度勝ち取った強豪だったが、その後は中国の台頭もあって低迷が続いた。

 しかし2004年アテネ五輪後に招いた韓国出身の朴柱奉(パク・ジュボン)監督が世界で戦うための精神力、技術を植え付けたことでチーム力が上がった。世界一奪回で再び黄金期を迎えたことを強く印象づけ、20年東京五輪に弾みをつけた。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報