東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

アメフット反則 関学大「捜査で究明を」 日大と定期戦中止

記者会見する関西学院大アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督(右)と小野宏ディレクター=26日、兵庫県西宮市で

写真

 日本大アメリカンフットボール選手による悪質な反則で負傷者を出した関西学院大が二十六日、兵庫県西宮市内で記者会見を開き、二十四日に日大から受け取った再回答書に対して「多くの矛盾が存在し、真実とは到底認識できない」と非難した。関学大の小野宏ディレクター(57)は「最終的には捜査機関によって真相が究明されることを強く希望する」と求めた。日大との定期戦は当面、中止すると発表した。

 日大は「厳しいご批判は甘んじてお受けいたします。真相の解明は第三者委員会の調査と結論に全て委ねたい」などとするコメントを出した。

 負傷した選手の父親、奥野康俊さん(52)も会見し「被害届を取り下げるわけにはいかない」と述べた。悪質なタックルをした宮川泰介選手(20)には「社会的制裁を十分に受けているので、さらに刑事責任を負うべきではない」として寛大な処分を求める嘆願書を集める考えを示したが、宮川選手が反則指示を受けたとする内田正人前監督(62)と井上奨(つとむ)前コーチ(29)に「厳正な処罰を求めたい」と語った。

 奥野さんは日大の一連の対応に「指導者が選手に責任を押し付け、到底受け入れられない。激しい憤りを感じる」と批判。刑事告訴について「息子、家族、関学と相談して決めたい」と述べた。

 日大は再回答書で、内田前監督が宮川選手に「直接反則行為を促す発言をしたという事実は確認されていない」と主張。「つぶせ」の言葉は「反則を容認するものではなく、実際に犯罪としての傷害を指示する意図の発言ではない」とした。

 宮川選手の説明と食い違ったままで、関学大の小野ディレクターは「宮川選手の話に信ぴょう性がある」と断言。鳥内秀晃監督(59)も「本当の責任を曖昧にしている感じ」と同調した。関学大は日大とのこれ以上の問答は「平行線をたどる可能性が高い」として質問状を今後送らない予定。

 鳥内監督は、腰などを負傷した選手の近況を「今週前半から練習に参加している」と説明。二十七日の関西大戦に「出るかもしれない」と話した。

 関学大は六日の定期戦でのラフプレーに対し日大へ抗議文を送付。日大が最初の回答で「指導と選手の受け取り方に乖離(かいり)が起きた」としたことに疑念と強い不満を示し、再回答を要求していた。

 奥野さん側は大阪府警に被害届を提出。受理され、移送先の警視庁が傷害容疑を視野に捜査を進める。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報