東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

栃ノ心「もっと精進を」 30日に大関昇進決定へ

大関昇進が決定的となり、記者会見で笑顔を見せる関脇栃ノ心=東京都墨田区の春日野部屋で

写真

 夏場所で13勝2敗の好成績を挙げ、大関昇進が事実上決定した東関脇栃ノ心(30)=本名レバニ・ゴルガゼ、ジョージア出身、春日野部屋=が千秋楽から一夜明けた28日、東京都墨田区の春日野部屋で記者会見し、「少し疲れたけどうれしい。もっと精進したい」と喜びを口にした。

 栃ノ心は平幕優勝した1月の初場所から3場所合計で37勝とし、昇進目安の33勝を大きく上回った。30日の名古屋場所番付編成会議と理事会を経て「大関栃ノ心」が正式に誕生する。新入幕から所要60場所での昇進は2代目増位山に並び、史上最も遅い記録となる。

 夏場所は12日目まで唯一全勝だった。大関に昇進できると思った日は「10連勝した時」と振り返り、会見に同席した師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)は弟子の成長を「一日一日の積み重ね。よく頑張った」とねぎらった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報