東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

大谷、7日登板へ「速球勝負」

ブルペンで投球練習するエンゼルス・大谷=アナハイムで(共同)

写真

 エンゼルスの大谷は4日、ブルペンで34球の投球練習を行い、次回登板予定の6日(日本時間7日)のロイヤルズ戦に備えた。「(ロイヤルズは4月とは)違うと思う。新たな気持ちで頑張りたい。(投手として)先発する試合は、しっかり勝てるようにしたい」と抱負を口にした。

 ロイヤルズは3日終了時点でア・リーグ中地区4位(21勝38敗)だが、調子は上向き。チーム打率は2割5分5厘で、ア・リーグ15チーム中7位と悪くない。大谷は前回登板した5月30日のタイガース戦で今季自己最速の101・1マイル(約163キロ)を記録。「(速球は)僕の一番の武器だと思うので、生かせるようにしたい」と意気込んだ。 (アナハイム・樋口浩一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報