東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

穂積・二宮組が4強 全仏オープンテニス

 【パリ=共同】全仏オープン第11日は6日、当地のローランギャロスで行われ、女子ダブルス準々決勝で穂積絵莉、二宮真琴組(橋本総業)が今年の全豪オープン優勝の第1シード、ティメア・バボシュ(ハンガリー)クリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)組を7−6、6−3で破り、準決勝に進んだ。日本人同士のペアでベスト4入りは2002年大会4強の杉山愛、藤原里華組以来16年ぶり。

 女子シングルス準々決勝で第3シードのガルビネ・ムグルサ(スペイン)が元世界ランキング1位のマリア・シャラポワ(ロシア)を6−2、6−1で下し、初優勝した16年大会以来2年ぶりのベスト4。第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が第12シードのアンゲリク・ケルバー(ドイツ)に6−7、6−3、6−2で逆転勝ちし、準優勝した昨年に続いて4強入りした。準決勝でムグルサとハレプが対戦する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報