東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

祝日移し五輪渋滞緩和 「体育の日」は「スポーツの日」に

写真

 二〇二〇年東京五輪での輸送、警備の円滑化を目的とした改正五輪特別措置法が十三日、参院本会議で可決、成立した。既存の祝日を移動させることで五輪開幕前日の七月二十三日、開会式がある同二十四日、閉会式翌日の八月十日の三日間を休日とし、都内の渋滞を緩和する狙いがある。祝日の移行は同年に限る。

 この三日間は各国首脳ら多くの要人の出入国が予想される。七月二十三日には「海の日」(七月第三月曜日)を、同二十四日には「体育の日」(十月第二月曜日)を、八月十日には「山の日」(八月十一日)をそれぞれ移す。これにより土曜、日曜日を含めると開会式前後は四連休、閉会式前後は三連休となる。

 禁止薬物使用を取り締まる初の国内法となるドーピング防止法も可決、成立した。五輪・パラリンピックで来日する各国選手の違反摘発を強化するため、文部科学相が税関や入国管理局、警察などの公的機関に、選手らの個人情報を例外的に提供するよう求めることができる条項を盛り込んだ。

 一九六四年東京五輪の開会式に由来する「体育の日」を二〇年から「スポーツの日」に名称変更する改正祝日法と、「国民体育大会」の名称を二三年から「国民スポーツ大会」に改める改正スポーツ基本法も成立した。スポーツが学校体育の枠を超えて親しまれるようになった現状を反映した。

 改正五輪特措法では、海外の事業者が東京大会の放送や競技運営で使用する無線の利用料などを、必要な範囲内で免除する特例も設けた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報